ムダ毛の周期を知って全身脱毛しよう!

ムダ毛の処理は短時間で何度も何度も行っても意味がありません。
意味がないどころか、脱毛処理としての効果もありませんし、肌に余計なダメージを与えてしまいます。
ムダ毛の伸び具合は、部位によって異なりますが2ー3ヶ月周期で入れ替わると言われています。
あまり目立たないので分かりませんが、ムダ毛のある一定の周期で抜け落ちたて、2ー3ヶ月後にまた同じ毛穴から生えてきています。
そのため脱毛サロンで全身脱毛するときには、次の予約は大抵2ヶ月後の設定になっています。
その為、脇などすぐに生えてきているような気がしますが、それは違う毛穴から生えてきたムダ毛なのです。
ムダ毛の伸び方はヒゲが一番早いようです。
腕や脇や脛は大体2ヶ月で伸びてきて、デリケート部分は3ヶ月くらいかかると言われています。
脱毛サロンではこの点に注意して予約をいれますが、家庭用脱毛器を使って脱毛する場合はこの周期を考慮して行ってください。
また周期もありますが、フラッシュ式、レーザー式、SSC式脱毛は夏場は避けるようにしてください。
この脱毛方式は黒い色、つまり毛乳頭にあるメラニン色素に反応して、そこにダメージを与えます。
その為、夏場の日焼けした肌にはこの脱毛方法は適していません。
夏場薄着になるので、この時期に脱毛を思い立つ方も多いのですが、この時期脱毛するのであれば他の方法にしましょう。
カミソリやシェーバー、クリームなどであれば夏場でも問題はありません。


全身脱毛する際には、脱毛サロンであっても家庭用脱毛器であっても、フラッシュ式やレーザー式の脱毛器を使用する場合は日焼けしないように気をつけてください。
これらの器具は照射するとその光やレーザーが毛の黒い部分に反応して、そこにダメージを与えます。
毛の根元の毛乳頭という部分にダメージを与えるのですが、そこにはメラニン色素が集まっています。
このメラニン色素に反応して、毛根を死滅させることで脱毛が完了します。
逆にいうとこの毛乳頭がある限り、毛は生えてきます。
そして光やレーザーがメラニン色素に反応するように作られているため、日焼けをしていると皮膚全体に反応してしまい、お肌にダメージを与えてしまいます。
ホクロのある場所に照射できないのも同じ理由からです。
そしてこれらの脱毛をする際には、脱毛部位の毛は抜かず、電動シェーバーやカミソリで短く剃っておいてください。
抜いてしまうと黒い色に反応しなくなってしまうため、その部位は脱毛処理が施されないことになってしまいます。
ワックスやクリームでの脱毛も同様のことが言えます。
光やレーザーを使った脱毛を行う前には、ワックスやクリームを使ってしまうと脱毛効果がなくなってしまいます。
必ず剃るようにしてください。
脱毛サロンにいく場合でも、通常シェービングは自宅で行ってから行きます。
全身脱毛前のシェービングの際には肌を傷つけないように気をつけてください。
傷ができてしまった場合、その部位に光やレーザー照射をした場合、その部位にトラブルがおきて施術中止となる可能性もあります。